にほんブログ村


あそらく世界最速であろう、『MOTOR TREND』によるスバル新型SUV「ASCENT(アセント)」の試乗記事(英語)です。

Exclusive 2019 Subaru Ascent Prototype First Drive: Biggest Subie Ever
www.motortrend.com/cars/subaru/ascent/2019/2019-subaru-ascent-prototype-first-drive-review/


ascent04 (2)


Google先生に翻訳してもらったところ、米国スバル初の3列シート「トライベッカ」の失敗を教訓に誕生したのが、スバル史上最も大きく最も高価な「ASCENT(アセント)」。

ライバルはトヨタ「ハイランダー」やホンダ「パイロット」、フォード「エクスプローラー」、日産「パスファインダー」、マツダ「CX-9」、そしてVW「アトラス」としています。

「ASCENT(アセント)」は最高出力260psの新開発2.4L 水平対向直噴ターボエンジンが初めて搭載され、「CX-9」や「エクスプローラー」をしのぐスピードだとか。

試乗車は偽装が施されたプロトタイプ車だったようですが、追い越し加速のパワーが物足りないという記述が気になります。


ascent05


ちなみにアメリカで32,000ドル(推定)からと、かなりお買い得な価格設定の「ASCENT(アセント)」。

マツダ「CX-8」の予約受注も好調のようだし、新型「フォレスター」に3列シートの設定がないのであれば「アセント」の国内導入を強く望みます。

SUBARU ASCENT