にほんブログ村


スバルは、3列シートを採用する北米市場専用新型SUV「ASCENT(アセント)」の生産を開始したと発表しました。


ascent04 (2)


SUBARUの米国生産拠点であるスバル オブ インディアナ オートモーティブ インク(Subaru of Indiana Automotive, Inc. 以下、SIA)は、現地時間 2018年5月7日、新型3列シートSUV「ASCENT(アセント)」の生産を開始し、同日、工場敷地内においてラインオフ式を実施しました。
アセントは、SUBARUが北米市場での持続的成長を目指し、特にファミリーユーザーに向けて新規開発した北米専用車で、2017年11月、米国ロサンゼルスで世界初公開されました。
SIAで生産されたアセントは、米国、カナダで順次販売が予定されており、初夏に発売を控える米国では既に、4,500台を超える受注をいただいています。

【アセントの主な仕様】
・ ボディサイズ <全長x全幅x全高>: 4,998 x 1,930 x 1,819 mm (196.8 x 76.0 x 71.6 in.)
・ ホイールベース: 2,890 mm (113.8 in.)
・ 最低地上高: 220 mm (8.7 in.)
・ 乗車定員: 7名 / 8名
・ アイサイト標準装備

https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_05_08_5758/


27111352836_o

27111352847_o

27111356043_o


昨年発売されたマツダの3列シートSUV「CX-8」も意外と売れているようなので、何度も言いますがスバルも「アセント」を国内販売するべきです!


関連記事:新開発2.4L水平対向エンジン搭載、スバル新型SUV「ASCENT(アセント)」初公開


SUBARU ASCENT