日本のスバリストが国内販売を熱望する、3列シートを採用した北米市場専用SUV「ASCENT(アセント)」。


ascent07 (2)


並行輸入された「スバル アセント」がスバルマガジン最新号で取り上げられていますが、おなじみ『SUBIE CHANNEL』でも日本国内試乗レポート動画第一弾として、マリオ高野さん&井元PMコンビで内外装をチェックする動画が公開されました。




走行インプレッションが早く見たい!?


27111352836_o

27111352847_o

27111356043_o

27111355472_o


【アセントの主な仕様】
・ ボディサイズ <全長x全幅x全高>: 4,998 x 1,930 x 1,819 mm
・ ホイールベース: 2,890 mm
・ 最低地上高: 220 mm
・ 乗車定員: 7名 / 8名
・ 新開発2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジンを採用


ちなみに北米では、車内でWi-Fi接続も可能な最新の車載コネクティビティを採用する2020年モデルの「アセント」を今夏に販売することが発表されています。





最近では国内でもホンダやマツダ、さらにはレクサスからも3列シートSUVが発売されているし、「エクシーガ」後継として日本導入を切に希望します!


(※追記)この世で唯一の国内試乗動画も公開されました。





関連記事:新開発2.4L水平対向エンジン搭載、スバル新型SUV「ASCENT(アセント)」初公開
27111356219_o


SUBARU ASCENT




にほんブログ村