スバルは9月5日、排気管(フロントパイプ)に不具合があるとして「WRX」「レヴォーグ」「フォレスター」の3車種計3万2224台のリコールを国土交通省に届け出ました。

リコール対象車全体の製作期間は2015年5月9日から2018年2月20日。


2019_0905_1rz

排気管において、エキゾーストパイプフロント組付け作業のトルク指示が不適切なため、規定より低いトルクで締結されたものがある。そのため、走行振動等により緩みが生じ、最悪の場合、隙間ができ、排出ガスが漏れるおそれがある。

全車両、エキゾーストパイプフロント取付けナットの締付状態を点検する。規定トルクを満足していないものは、エキゾーストパイプフロントとガスケットを新品に交換する。

https://www.subaru.co.jp/press/recall/2019_09_05_7656/


wrx01


levo01 (3)



fore01


対象車両にお乗りの方は、お早目に最寄りの販売店へ。

SUBARU



にほんブログ村